--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-07

困惑

「フー・ジュン」はかっこいいという
情報をもとに何とか1巻を見始めた私。

最初のおどろおどろしい感じのOPでびっくり。

結局はげの正体はフー・ジュンのお父さんだったので
少しほっとする。

子供のフー・ジュンは髪の毛があってよかったよ。
でも、何故いつも風になびいているのじゃ?
なびかない時があってもいいんではないか?
顔にかかっているときは、「かゆそうだな」と思ってしまう。

しかしあの崖はすごい!本当にあそこでやっているのかしら?
飛び降りるところもワイヤー使っているとしても
私には絶対無理!

とにかく登場人物が多い。
次から次へと「誰あんた、どこの人?」状態。

フー・ジュン扮する喬峯が丐幇の主にえらばれるのですが
何?こじき?フー・ジュンこじきの役なのお!?

かなりついてけない。今思えば神雕狭呂から入ればよかったのだ。

また話は180度変わり、???な視聴は続くのである。
スポンサーサイト
2009-07-06

ツタヤへGO!

ツタヤにて「天龍八部」を発見。さあこれで
かっこいいフー・ジュンを堪能できるなと
手に取ってみたところ



誰、このはげのおっさんは
一か月位前の私には、まさか韃靼人の扮装をしてるとは
夢にも思わない訳ですよ。
なんか、昔の古いヤクザ物かしら・・・。と
びびって元の棚に戻し、他の物を物色すること2回。
他の方のレビューを見て「かっこいい」というからには
このはげがかっこよくなるのかしら?
激しい不安に苛まれながら第一巻をレンタルしたのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。