--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-26

悲劇

木椀清の再登場、男装で再びテンションがあがる。
王語媛よりよっぽどいいのに段誉の趣味が分からない


虚竹は夢の中の人が西夏の姫と分かり、めでたしめでたし。
だもんだから、慕蓉の馬鹿じゃなく、もとい若様が
実におろかしい策略を思いつく。
阿紫といい勝負だわ

このあとはまあ、段正淳の自業自得な結末が待ちうけているのですが
血、鼻水の嵐のなかの段誉にとどめの一発。
段延慶が父?
ということは主人公三人のうちの二人のおやが四大悪人の二人なのか・・・
せめて、南海鰐神がお父さんだったらよかったのに、可哀そうに段誉


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。