--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-09

小龍女をの再会

曲ねえやが何故楊過を「おばけ」というのか
父の死の真相を知ってるなと思った楊過は、そのおばけのふりをして真相をつきとめる。
なんと郭靖と黄蓉だった。
そんな訳あるか
と普通考えるが
動転した彼は金輪国師とともにフビライのもとへ走ってしまう。

小龍女はオフェリアのように川を漂っていき
絶情谷公孫止に助けられる。
楊過のもとには戻れないと考え公孫止と結婚しようと決めてしまう。

どう考えてもここに留まってれば楊過に逢えないと思うのだけど
周伯通という老人のいたずらのおかげで又再会を果たす。

周伯通、はじめは公孫止の使用人かと思った。
とらえるための網をトランポリンのように飛んで
「わはは、これは面白い!」とふざけているところが面白かった。

楊過と小龍女の感動の再会のはずだが
彼女は知らん顔。
「俺を忘れたのか」と言って膝にとりすがる楊過。
いいわあ
ここだけ毎日まきもどして見てしまったわ。

スポンサーサイト

theme : 華流・台流ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。